インプラント

インプラント治療の利点

のない部分に歯を補うためには、以下の3つの方法があります。

① 両端の歯に橋渡しをして歯を入れるブリッジという方法
② 入れ歯を入れる方法
③ インプラントを用いて歯を入れる方法

①と②は外科手術が伴わないので比較的安全性の高い歯を補う方法です。
③のインプラントについては、外科的な手術が伴います。インプラント治療は、骨の中に歯の根っこの代わりとなるボルトのようなもの(インプラント体)を埋め込みます。このインプラント体の素材はチタンのものを使用する予定です。このボルトは骨の中で歯の根っこの代わりとして働くものです。骨の中で、入れたボルトのようなものがしっかりと噛む力に耐えられると考えられる頃(上顎:約3ヶ月、下顎:約2ヶ月)にこれを土台として、かぶせの歯を補い、歯の機能の回復を図る治療法です。歯の抜けたところに人工の根っこを埋め込み、人工の歯をかぶせるので両隣の歯を削ることがありません。入れ歯を固定する金具がないので異物感が少なく、また他の歯に負担をかけません。インプラントにより、入れ歯をしっかり固定できるので、入れ歯を気にせず食事や会話を楽しむことができるという利点があります。

 

インプラント治療の流れ

ステップ1:検査、術前計画
レントゲンなどの検査のあと、治療計画について説明を受け、次回の予約をとります。

ステップ2:インプラントの種類
歯ぐきの形やあごの骨の状態によって、1回法・2回法、ワンピース型・ツーピース型など、いろいろな種類のインプラントがあります。

ステップ3:埋入手術
インプラントを埋入した後、あごの骨に固定されるまで、3~6ヶ月待ちます。

ステップ4:人工歯根の取り付け
インプラントによる土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。

ステップ5:メンテナンス
治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、医師の指示通リに定期健診をうけてください。