口腔外科

親知らず

知らずは成人してからはえてくる一番奥の歯です。まっすぐはえてくると問題ないのですが、現代人は顎が小さいのではえてくるスペースがなく、斜めにはえてくる場合が多くあります。斜めにはえた歯が前の歯を押す、もしくは前の歯との境に虫歯ができやすいので、痛みがでてきます。

また、はえかけのとき炎症がおきると歯茎が腫れて痛みがでたりひどい場合には頬まで腫れたり熱が出てきたりします(智歯周囲炎)。痛みが出た場合、まず炎症を抑えてから処置になりますので、早めに検査して、抜いたほうがいいと思われる親知らずは痛みがでるまえにに抜くことをおすすめします。

 

顎関節疾患

関節症は、症状がない人も含めると約70%の人が持っている病気です。顎の関節は耳の前にあり、顎関節症の症状としては、関節自身に痛み出る場合、頬の筋肉に鈍い痛みが出る場合、口が開かなくなる開口障害、閉じなくなる閉口障害、口を開けたり閉めたりするときのポキッやゴリゴリという雑音などが挙げられます。顎関節は、ほかの関節と同様、毎日よく動かす関節です。次のような人は顎関節症になりやすいといえます。

・寝ている間に歯ぎしりをする。
・顎が小さいほうである。
・噛み癖がある。(食べるときに片側でよく噛むなど)
・頬杖をつく癖がある。

多くの場合顎関節の動きを円滑にするために関節の上に乗っている関節円板という組織が前に移動してしまっているために、開閉口時の雑音や開口障害がでてきます。この関節円板の状態はMRI撮影により確認できます。
症状によって治療は異なりますが、日常生活の改善(噛み癖など)、かみ合わせの改善、バイトプレートの装着(マウスピースのようなものでかみ合わせを考慮したもの)、関節へのヒアルロン酸注射などがあります。本院では顧問として口腔外科認定医をむかえておりますので、顎関節に違和感などある方は常勤医にお気軽にご相談ください。

腫瘍

口の中にできる腫瘍は口腔外科の範囲です。腫瘍には悪性腫瘍と良性腫瘍とがあります。悪性腫瘍では舌癌、口腔底癌、歯肉癌があります。歯肉や舌、舌の裏に無痛性の潰瘍(口内炎のようなもの)ができたときは要注意です。 本院ではがん細胞を調べる組織検査(生検)をおこなっておりますので、癌の早期発見が可能です。
また、大学病院と連携しており紹介はもちろん治療後のお口のケアも行っております。

 

睡眠時無呼吸症候群

眠時無呼吸症候群は睡眠中に頻発する呼吸停止(無呼吸)又は低呼吸になる病気です。睡眠中のいびき、昼間の強い 眠気、熟睡感がないなどの症状がある方はこの病気かもしれません。

近年、睡眠時無呼吸症候群は高血圧や糖尿病 などの生活習慣病との関係があると言われています。当院では耳鼻咽喉科と連携の上、睡眠時無呼吸のマウスピース治療 を行っております。